• カフェインを取り除くデカフェ

    デカフェとは、英語で「カフェインを抜いた」という意味の言葉の省略したものです。
    コーヒーからカフェインを抜いたものを指すことが一般的です。

    最近では炭酸飲料やお茶などでもデカフェが発売されています。


    カフェインには、眠気を覚ましたり、脳の血管を収縮したり、血圧を上昇させたり、利尿作用を促したりすることが確認されています。

    特に過剰摂取すると、中毒症になったり、依存性が高まったり、イライラして短気になったり、集中力が欠如したりと言う副作用が起こります。



    なんでも摂りすぎは良くないのは当然ですが、カフェインの場合、最悪は死亡するケースもあることで知られている。

    そのようなことからカフェインを嫌う人たちが増え、コーヒーなどからカフェインを取り除いたデカフェが流行りだしました。


    作り方としては、有機溶媒抽出法が一般的です。
    生豆を蒸気で膨張させてから抽出槽に充填して、有機溶媒を通して選択的にカフェインを抽出します。


    その他、水抽出法があります。


    生豆を充填した槽に水を通して水溶成分ごとカフェインを抽出します。

    その水溶成分から有機溶媒を使ってカフェインのみを抽出します。



    残った水溶成分はまた生豆の槽に戻して生豆に戻されます。

    マイナビニュースに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    最近では遺伝子組換えでカフェインレスのコーヒー豆も栽培されている。

    このようにして造られたデカフェのコーヒー豆を使って、お湯による抽出をすることでデカフェが完成します。見た目の色はほとんど変わりませんが、味はどことなく薄い感じがします。